かーむブログ

かーむブログ

MTGアリーナのことを中心に、初心者ガイドやらプレイの記録やらを書いてるブログ。あとたまに雑記。

【MTGアリーナ】バントランプとシミックフラッシュでMythicになってみた【ランクマッチ奮闘記】

スポンサーリンク
遊戯王通販ならカーナベル

ãsimic flashãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

おっすおっす。

かーむです。

 

ちょっとデッキリスト系の記事に時間使っちゃってたのでランクマッチ奮闘記は久しぶりですね。

 

先月はめちゃくちゃ負けてしまってミシック到達は逃してしまいましたが、今月はなんとかミシックに到達出来ました(*'ω'*)

 

というわけで、ミシック到達までの戦績や、使用したデッキを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

ミシック到達までの戦績

ひとまず今月の対戦成績を見ていきましょう。

 

トータル

f:id:peakydrill:20190725203953p:plain

 

・ゲーム数:106戦

・勝率:60.4%

 

先月はミシックに到達できなかったため、今月はゴールド帯からのスタートでしたが、106戦と割と少ないゲーム数でミシックに到達できました(*'ω'*)

 

 

f:id:peakydrill:20190725205137p:plain

デッキごとの戦績

 

今回はバントランプでランクマッチをスタートしましたが、ダイヤ帯に入ってちょっと勝てなくなってきましたので、最後はシミックフラッシュを使用しました。

 

 

シミックフラッシュは7戦しかしていませんが、勝率85.7%という圧倒的勝率で僕をミシックに連れて行ってくれました。

使用感については後ほど紹介します。

 

 

f:id:peakydrill:20190725204659p:plain

ランク帯ごとの戦績

 

ダイヤ帯は少し手こずりましたが、先月の大敗が嘘のように割とサクサク勝てました('ω')

 

特にプラチナ帯では、デッキに慣れてきたこともあり、勝率86.7%の高勝率で駆け抜けることができました。

 

メタ分布

f:id:peakydrill:20190725224232p:plain

 

今月の現時点のトップはティムールエレメンタル

最序盤はいろんなローグに当たりましたが、中盤以降は割とメタ通りのあたりをしていたように思います。

 

最終週はスケープシフトが突然増えた印象です。

また、前環境でよく見かけたグルールアグロはほとんど恐竜デッキに移ったみたいですね。

 

 

 

 

 

デッキリスト

続いて今回使用したデッキを紹介します。

 

バントランプ

f:id:peakydrill:20190725210149p:plain

f:id:peakydrill:20190725210840p:plain

 

↓インポートリストはこちら↓

 バントランプのインポートリスト - かーむブログ

 

 

f:id:peakydrill:20190725212007p:plain
f:id:peakydrill:20190725212012p:plain
f:id:peakydrill:20190725212020p:plain
マナクリーチャー12枚体制

 

バントランプは3種×4枚で合計12枚搭載されたマナクリーチャーで高速でマナ加速し、重量級カードを連打するデッキです。
M20で追加された《枝葉族のドルイド》はショックで死なないタフネス3で、ブロッカーとしてもある程度使用に耐えるため、非常に優秀です。

 

 

3マナ域は最初《発現する浅瀬》を使っていましたが、ブロックにほとんど使えず、攻撃でもほとんど存在感を出せなかったため《翡翠光のレインジャー》に変更しました。

上で挙げた《枝葉族のドルイド》とシナジーがあるため、結構迷いました。

 

f:id:peakydrill:20190725212045p:plain
f:id:peakydrill:20190725212114p:plain
結構迷いました

 

M20からは《大食のハイドラ》を採用。

バントカラーではほとんど除去が取れませんが、《大食のハイドラ》は相手の盤面に干渉しつつクリーチャーを展開できる良カード。

中盤以降はカウンターを倍にするモードで場に出すと、巨大なフィニッシャーになります。

 

f:id:peakydrill:20190717003906p:plain

バントカラーで相手の盤面に触れる貴重なクリーチャー

 

 

サイドボードには、緑ではおなじみの《夏の帳》《変容するケラトプス》を採用。

 

さらに白の色対策カード《敬虔な命令》も採用。

今まで軽い除去がなかったバントランプですが、赤単、オルゾフ吸血鬼、ボロス・フェザーなどの速めのデッキに対して序盤から積極的に盤面に干渉できるようになったのは大きいですね。

 

f:id:peakydrill:20190725213719p:plain

速いデッキに対してサイドイン



 

シミックフラッシュ

f:id:peakydrill:20190725210340p:plain

f:id:peakydrill:20190725210909p:plain

 

↓インポートリストはこちら↓

シミックフラッシュのインポートリスト - かーむブログ

 

シミックフラッシュはM20で生まれた新しいデッキです。

ダイヤ帯でモタついてたら、MTGアリーナギルドの友達が勧めてくれました。

 

 

始めて使ってみたのですが、僕、このデッキのこと勘違いしてました

 

てっきりこのデッキは、展開したクリーチャーをカウンターで守りながらペチペチ殴るクロックパーミッションだと思っていましたが、全然違いました

 

 

このデッキは、《夜群れの伏兵》を守るデッキでした。

 

f:id:peakydrill:20190725214545p:plain

ひたすらコイツを守る

 

1~3ターン目までは相手の呪文を打ち消して1対1交換をしていき、4ターン目に《夜群れの伏兵》を出して、後はメインから20枚搭載されたカウンターで守り続けるというのが最も強い動きでした。

 

《夜群れの伏兵》が場に出れば、あとは相手の脅威や除去をカウンターして1対1交換を繰り返していけば、経過したターン分トークンが出て自動的にアドバンテージが取れます。

あとは量産したトークンで殴ってGood Gameというわけですね。

 

今は除去のために黒をタッチしたスゥルタイフラッシュも出てきていますが、もともと色拘束が厳しいため、個人的にはシミックの2色のままの方がいいように思います。

 

使うのが結構難しいですが、神話レア0でレアも少なく作りやすい上に強力なデッキなので、ぜひ使ってみてください(*'ω'*)

 

今月は上位に入れるように、引き続きランクマッチを走りこんでいこうと思います。

 

では(*'ω'*)

 

《宣伝》

8月にMTGアリーナのイベントを開催しますので、ご都合がよければぜひ参加してみてください(*'ω'*)

 

 

【イベント告知】Arena Planeswalkers Leagueを開催します!

www.calm-blog.com

 

 

  

 

 《Twitterやってるのでよかったらフォローお願いします!》

かーむ@MTGアリーナブログ (@calm_blog) | Twitter