かーむブログ

かーむブログ

MTGアリーナのことを中心に、初心者ガイドやらプレイの記録やらを書いてるブログ。あとたまに雑記。

【MTGアリーナ】スタンダードランクマッチでスゥルタイとエスパーを回してみた【ランクマッチ奮闘記】

スポンサーリンク
遊戯王通販ならカーナベル

f:id:peakydrill:20190624221549j:plain

おっすおっす。

かーむです。

 

前回はエスパーミッドレンジとエスパーコントロールの2種類のエスパーデッキを使ってランクマッチを走ってみました。

 

 

先週はちょっと気分を変えて、スゥルタイミッドレンジとエスパーコントロールの2つを回してみましたので、その結果を発表していきます。

 

 

 

 

デッキリスト

前回は2つともエスパーカラーのデッキでしたが、今回は2種類の3色デッキを使ってみました。

スゥルタイミッドレンジ

f:id:peakydrill:20190624221036p:plain

市川プロがMCQ(ミシックチャンピオンシップ予選)で優勝したスゥルタイミッドレンジをもとに、ちょこっとだけ変えてみました。

 

《伝承の収集者、タミヨウ》が手札でダブつくことが多かったので、お試しで1枚だけ《ゴルガリの女王、ヴラスカ》に変更しています。

《時を解す者、テフェリー》をはじめ、3マナのプレインズウォーカーを割ることができるため、たまーーーに活躍します。

 

f:id:peakydrill:20190624224831p:plain

3マナ以下ならなんでも割るウーマン

 

また、メインとサイドの《喪心》を1枚ずつ《暗殺者の戦利品》に変更。

以前スゥルタイミッドレンジを使っていた際に便利だったのでこれもお試し。

トップメタのエスパーミッドレンジには平地と沼が1枚ずつという構成が多く、青絡みの土地を割ることでたまに色事故を狙うことができます。

 

f:id:peakydrill:20190624224747p:plain

デメリットはあるが便利な一枚

 

ちなみに、もとのデッキやサイドボーディングガイドは有料記事で公開されています。

 

《電結の荒廃者》の数だけ強くなれるよ~MCQ行脚記録~|Yuuki Ichikawa

note.mu

 

エスパーコントロール

f:id:peakydrill:20190624221309p:plain

 こちらはアリーナ初のミシックチャンピオンシップでカルロス・ロマオ選手が使っていたエスパーコントロールをもとにちょこっとだけいじったデッキ。

サイドの《強迫》《ドビンの拒否権》に変更しています。

 

f:id:peakydrill:20190624225602p:plain

特にミラーマッチの先手で頼りになる1枚

 

アリーナミシックチャンピオンシップのデッキはこちらで確認できます。

2019ミシックチャンピオンシップⅢ デッキリスト

mtg-jp.com

 

今週の戦績(トータル)

f:id:peakydrill:20190624225829p:plain

 

・ゲーム数:85戦

・勝率:48.8%

 

むちゃくちゃ負けてます。。。

 

もしかしたら今までのMTG歴の中で一番負けてるかも…

実際事故と相手のトップで負けまくっていて、正直ちょっとスランプ入っちゃってます( ゚Д゚)

 

今週のマッチングとメタ分布

f:id:peakydrill:20190624230222p:plain
f:id:peakydrill:20190624230258p:plain

 

今週のトップは2位に大きな差をつけてグリクシスミッドレンジ!

続くのはバントランプとグルールアグロでした。

 

ただ、エスパーを《第一管区の勇士》が入ってるものをエスパーをミッドレンジ、入っていないものをエスパーコントロールと分けているので、両方を合わせるとやはりエスパーがトップメタになります。(全体の16.4%)

 

スゥルタイミッドレンジの戦績

f:id:peakydrill:20190624233930p:plain



続いてデッキごとの戦績を見ていきましょう。
まずはスゥルタイミッドレンジ。

めちゃくちゃ後手が多いです…

 

戦績の中身を見ていくと、メイン先手こそ勝てていますが、メイン後手とサイド戦はボロボロ…

 

しかし、なぜかサイド後は後手の方が勝てている不思議。

これが何でなのかは自分でもよく分かっていません。

つまり改善ができません( ゚Д゚)

 

エスパーコントロールの戦績

f:id:peakydrill:20190624234416p:plain


勝率はスゥルタイミッドレンジよりも少しだけいいですが、やはり負けています。

 

スゥルタイと比べるとメインの勝率は高いですが、その分サイド後の勝率が非常に低く、4割を切っています。

2つのデッキに共通して言えることですが、サイドボーディングサイド後のプレイングのどちらか、もしくは両方が間違っているようです

 

 

このところ負けが込んで、少し投げやりなプレイやリスキー過ぎるキープをしてしまっている自覚があるので、もう少し落ち着いて1つ1つのゲームを楽しんでいこうと思います(*'ω'*)

 

では!

 

 

 

 

 

《Twitterやってるのでよかったらフォローお願いします!》

かーむブログ(MTGアリーナ布教するマン) (@calm_blog) | Twitter