かーむブログ

かーむブログ

MTGアリーナのことを中心に、初心者ガイドやらプレイの記録やらを書いてるブログ。あとたまに雑記。

【MTGアリーナ】スタンダードランクマッチでグリクシスを回してみた【ランクマッチ奮闘記】

スポンサーリンク
遊戯王通販ならカーナベル

é¢é£ç»å

おっすおっす。

かーむです。

 

 

約2ヶ月ぶりのランクマッチ奮闘記となってしましました(*'ω'*)

 

 

新環境になってから今まで使っていたスゥルタイミッドレンジがメタ的にかなり厳しい立ち位置になり、ずーーーーーーーっとデッキを迷っていましたが、ようやく今環境の相棒になる3つのデッキが出来ました。

 

 

  • エスパーミッドレンジ
  • グリクシスコントロール
  • バントミッドレンジ

 

 

早速ランクマッチを走りこんでみようと思い増したが、どのデッキでスタートするかちょっと迷ったので、先日Twitterでこんなアンケートをさせてもらいました。

 

 

 

 

アンケートの結果通り、先週はグリクシスでBO3のランクマッチを回してみました!

 

 

 

 

デッキリスト

まずはデッキリストを紹介します。

 

 

f:id:peakydrill:20190612004148p:plain

f:id:peakydrill:20190612004513p:plain


通常、グリクシスコントロールと言えばクリーチャー除去に長けたボードコントロール型が主流ですが、今回使ったデッキは”手札破壊”呪文を大量に搭載したハンデス型になります。

 

もともとはTwitterのフォロワーのDCGのひとり言さんが作成されたデッキで、低速デッキに対して非常に強そうだったので、使わせていただくことにしました。

(ひとり言さん、ありがとうございます!)

 

その後、ランクマで回しながら自分好みに調整してみたのが上記の形になります。

 

 

↓のツイートのリプに元々のデッキリストとその解説や、汎用サイドボーディングもありますので、是非見てみてください。

 

 

 

元デッキから調整したとはいえ、基本コンセプトは元々のままです。

基本的には大量の手札破壊により相手の選択肢を狭めたうえで、2種類のニコルボーラスを叩きつけるのがメイン戦略です。

 

f:id:peakydrill:20190611175222j:plain
f:id:peakydrill:20190611175224j:plain
手札破壊で相手の選択肢を狭めていく

 

 

手札破壊の際に相手の手札を確認できるため、相手が持っているカードに合わせてゲームを進めていけるのが、このデッキの大きな長所になります。

 

元々のリストでは強迫はサイドでしたが、今はほとんどのデッキがプレインズウォーカーを採用しているため、メインに昇格しました。

 

 

f:id:peakydrill:20190611174909j:plain
f:id:peakydrill:20190611174907j:plain
ハンデスの上からボーラス様でさらに手札を締め上げる

 

手札を削ったところに2種類のニコルを叩きつけて、さらに手札を絞り上げます。 

《龍神、ニコル・ボーラス》に関しては相手の手札がない場合、パーマネントの生贄が強制になるので、どんどんパーマネントが減っていきます。

 

 

f:id:peakydrill:20190611175235j:plain
f:id:peakydrill:20190611175240j:plain
ハンデスが間に合わない高速デッキには軽量除去と全体除去

 

 

早いデッキは若干苦手ですが、こちらの手札破壊よりも早く展開してくるようなデッキに対しては軽量除去を当ててることでメインから勝ちを拾うことができます。

 

f:id:peakydrill:20190612010248j:plain
f:id:peakydrill:20190612010245p:plain
2マナの除去は一長一短

 

2マナの除去に関しては今のところ《暴君の嘲笑》を3枚採用していますが、グルールの《スカルガンのヘルカイト》やエスパーミッドレンジの《聖堂の鐘憑き》に触れる《喪心》と2-1で散らすかどうか検討中です。

 

 

サイドボードには、《軍勢の戦親分》

グリクシスやジェスカイではおなじみとなったカードですが、このデッキでは大量の手札破壊呪文が露払いになってくれるため、他のデッキよりもメインボードとの親和性が高いです。

 

f:id:peakydrill:20190612002152j:plain

全員突撃!!

後程勝率についても記載しますが、サイドボードの勝率が高いのは半分くらいこの優秀なゴブリンのおかげです。

(でもメインに入れても活躍しない不思議)

 

今週の戦績

それでは戦績のほうを見ていきましょう。

今週は週末どちらも用事があり、あまり時間が取れなかったため、対戦数は29戦とちょっと少なめでした。

f:id:peakydrill:20190611165819p:plain

2019/06/04~06/10の戦績

※クリックすると拡大されます
 

今週の戦績概要

f:id:peakydrill:20190611165718p:plain

 

・ゲーム数:29戦
・勝率:58.6%

 

勝率6割弱いうことで、まぁまぁな数字ではないでしょうか。

思ったよりもプレイが難しく、デッキの動かし方を理解する間に最初はだいぶ負けてしまいましたが、途中からはモリモリ勝てるようになりました

 

先手/後手での勝率にはあまり差がありませんが、メイン/サイドの勝率差は実に29%以上と、かなりサイドボードで頑張っていますね。

 

 

今週のマッチングとメタ分布

f:id:peakydrill:20190611170936p:plain
f:id:peakydrill:20190611170900p:plain

ちょっとサンプル数が少ないですが、今週のマッチアップ数1位はエスパーミッドレンジでした!

さすがにトップメタですね。

 

 

MFカンザスシティでは、《正気泥棒》を抜いてプレインズウォーカーに寄せたタイプのエスパーミッドレンジが優勝したため、そちらのタイプのエスパーミッドレンジとの対戦が多かったです。

エスパーミッドレンジとの勝率は五分五分ですが、手札を攻めるという構成から、エスパーフレンズには2戦2勝となっていますね。

 

 

 

 

また、バントミッドレンジにも2戦2勝となっています。

《死の重み》が相手のマナクリーチャーをテンポよくさばいてくれるため、手札破壊呪文を打つ時間を作ってくれて、体感としてもかなりやりやすい相手ですね。

 

《アングラスの暴力》《楽園のドルイド》を除去できるのが大きいですね。

本来はかなり破壊されにくいはずのクリーチャーを破壊できるため、相手のゲームプランを崩せることもしばしばあります。

 

 

f:id:peakydrill:20190611172954j:plain
f:id:peakydrill:20190611172951j:plain
呪禁のマナクリーチャーを破壊して計算を狂わせる

 

 

意外だったのはグルールアグロに対して3戦2勝と勝ち越していることですね。

タフネス3のクリーチャーが多く《死の重み》が効きづらい上、速度もそこそこあることから苦手意識を持っていましたが、数字と主観って結構ズレているものですね

 

 

とはいえ、まだサンプル数が29戦と少ないため、今後もデータを取りつつ今月もミシックに向けて走りこんでいきたいと思います(*'ω'*)

来週からはエスパーミッドレンジとグリクシスコントロールを半々くらいで使いつつ、今月こそ早めにミシックに到達して上位1000位以内を目指したい!

 

では!(*'ω'*)

 

 

 

 

《Twitterやってるのでよかったらフォローお願いします!》

かーむブログ(MTGアリーナ布教するマン) (@calm_blog) | Twitter