かーむブログ

かーむブログ

MTGアリーナのことを中心に、初心者ガイドやらプレイの記録やらを書いてるブログ。あとたまに雑記。

【MTGアリーナ】ETB能力を使い倒す!UWタッサブリンク!!【デッキ】

スポンサーリンク

f:id:peakydrill:20200211182137p:plain

 

おっすおっす。

かーむです。

 

今日は今週ランクマで使おうと検討中のデッキを紹介します(*'ω'*)

今回紹介するのは青白タッサブリンク!

 

ちなみにデッキ名の「ブリンク(Blink)」は、パーマネントを追放してそれをまた場に戻す能力の俗称です。
《一瞬の瞬き/Momentary Blink》というカードが語源ですね。

 

f:id:peakydrill:20200211211323p:plain

追放して場に戻す

 

 

 

デッキリスト

f:id:peakydrill:20200211095809p:plain

《インポートリストはコチラ》

 

デッキ名の通り、《深海住まいのタッサ》でクリーチャーの場に出た能力を使い倒すデッキとなっております。

 

 

f:id:peakydrill:20200122004035p:plain

新しいタッサ!強い!!

 

場に出たとき能力を使い回すのはもちろん、4マナのタップ能力は現在トップメタの青白コントロールの《夢さらい》に対して有効ですね。

 

f:id:peakydrill:20200122005807p:plain

タップさせれば問題なし

 

場に出たとき能力を使い回すクリーチャーたち

《深海住まいのタッサ》と組み合わせる、優秀な場に出たとき能力を持つクリーチャーたちをマナコストごとに紹介します。

 

2マナ域

f:id:peakydrill:20200211191557p:plain
f:id:peakydrill:20200211191629p:plain
f:id:peakydrill:20200211191633p:plain
序盤にテキトーに出してもそこそこ仕事してくれる

2マナ域は《魅力的な王子》、《迷い子、フブルスプ》《タッサの神託者》の3枚。

どれも序盤の土地詰まりを防ぎつつ、アグロデッキに対してはよい壁になってくれます。

 

《魅力的な王子》《深海住まいのタッサ》を引けていない場合にも場に出たとき能力を使い回してくれるし、《タッサの神託者》は終盤以降、特殊勝利をもたらしてくれます。

当初は《タッサの神託者》が4枚積みだったのですが、手札が増えるわけではないので《迷い子、フブルスプ》と2-2にしています。

 

3~4マナ域

中盤の3~4マナ域は《拘留代理人》《精鋭護衛魔道士》の2枚。

 

f:id:peakydrill:20200211192636p:plain
f:id:peakydrill:20200211192624p:plain
中盤を支えるマルチカラーの優秀なクリーチャー

 

《拘留代理人》はだいたいすぐ除去られますが、そこそこ時間を稼いでくれます。

プレインズウォーカーを除去するのはちょっと勇気がいります。


《精鋭護衛魔道士》はライフゲインとワンドロー付きの優秀な中堅。

地味に飛行も付き。《深海住まいのタッサ》と合わせると疑似的に警戒持ちのような動きができ、攻守に活躍してくれます。

 

5~7マナ域

終盤にゲームを決めてくれる2種類のクリーチャー。

 

f:id:peakydrill:20200203215822p:plain
f:id:peakydrill:20200211194318p:plain
ゲームを決める2枚。信心も高め。

終盤、ゲームを決めてくれるのは《風の騎兵》《裏切りの工作員》の2枚。

 

《風の騎兵》はトリプルシンボルで青の信心が高く、もう一つ何か青のパーマネントがあれば《深海住まいのタッサ》が顕現します

 

《裏切りの工作員》は毎ターンブリンクすることで、1ターンに1つずつ相手のパーマネントを奪います。

ちょっと重いですが、相手に除去がなければ即投了級のコンボです。

 

 

 

 

 

小技

最後にこのデッキの小技をいくつか紹介してみたいと思います。

 

《拘留代理人》+《時の一掃》

 まずは《拘留代理人》《時の一掃》

 

f:id:peakydrill:20200211192636p:plain
f:id:peakydrill:20200211203936p:plain
戻してから全除去

 

《拘留代理人》でクリーチャーを追放している状態で《時の一掃》を打つと、追放されたクリーチャーを場に戻してから全体除去の効果が解決されます。

 

ちなみにクリーチャーが場に戻ってから全体除去の効果が解決されるまでの間は、どのプレイヤーも呪文を唱えたり能力を起動することはできないため、《意地悪な狼》もキレイに処理できます。

 

f:id:peakydrill:20200211204526p:plain

破壊不能をつけるタイミングが存在しない

《深海住まいのタッサ》+《魅力的な王子》

 続いて《魅力的な王子》《深海住まいのタッサ》の組み合わせ。

 

f:id:peakydrill:20200211191557p:plain
f:id:peakydrill:20200122004035p:plain
次の相手のエンドまで自軍クリーチャーを追放

  

この2体が場にいて、さらに別のクリーチャーをコントロールしている場合、そのクリーチャーを相手のターン終了時まで追放しておくことができます

 

手順としては、まず自分のターン終了時に《深海住まいのタッサ》の能力で《魅力的な王子》をブリンクさせます。

次に《魅力的な王子》が場に出たときの能力で、自軍クリーチャーを追放します。

既にこのターンの終了ステップは始まってしまっているため、ここで《魅力的な王子》追放されたクリーチャーが帰ってくるのは次の相手のターンの終了時になります。

 

これにより自軍クリーチャーを相手のソーサリータイミングの除去から守ることができます。

 

f:id:peakydrill:20200203224612p:plain
f:id:peakydrill:20200211205920p:plain
エンドに帰ってくるから効かない!

 

《風の騎兵》+《寓話の小道》

 最後は《風の騎兵》《寓話の小道》

 

f:id:peakydrill:20200203215822p:plain
f:id:peakydrill:20200211203949p:plain
要らないカードを積んでシャッフル

 

《風の騎兵》でいらないカードをライブラリーに戻した後、《寓話の小道》でライブラリーを切りなおすと、ライブラリーに戻したカードを引かずに済みます。

《風の騎兵》で引いた後土地ばっかりだったりした時に重宝します。

 

これはジェスカイファイアーズでもたまに見かけるテクニックですね。

 

 

というわけで今週ランクマッチで使うかもしれないデッキの紹介でした(*'ω'*)

最近アゾリウスコントロールが流行っていて、青白へのガードがあがりそうな感じがあるので、もしかしたら別のデッキを使いかもしれません( ^ω^)・・・

 

では!(逃げ)